Pocket

狂気の花嫁

2の時系列ではあるが、前回の続きではない。

舞台は謎のアパートから教会へと変わり、そこでは結婚式を控えた新郎新婦が幸せそうな表情で来賓客から祝福を受けていた。

だが、これはRECである。何も起こらない訳がなく、幸せは謎のウイルスの蔓延により教会は狂気の舞台へと変わっていく。

ホラー映画に出てくるヒロインというのは、終盤になるとキャラが全く違う方向へと変わっているというパターンが多く、この花嫁も最初の可憐な姿を脱ぎ捨て戦う花嫁と化していく。

女ですもの、幸せのためならなんでもするわ。という姿勢はグロテスクなシーンの中でも生き生きとしており、爽快感がある。

前作では悪魔の存在が大分、浮き彫りになってきた事もあり舞台が教会とあって、悪魔祓いに使われるアイテムも揃っており、新郎は彼女を守る為に脱出を試みようと戦う事を決意するが?

前作とは違った恐怖の蔓延

恋愛要素がありながらも、二人の行方は切ないというよりも、バイオレンスで情熱的である。前作とは違った雰囲気もそうであるが、死の果てまでも愛し合う二人の姿には拍手を送りたくなる。愛と狂気は紙一重なのかもしれないが、ここまでやれれば本物だ!悪魔のウイルスも二人の愛には関係ない?どうぞお幸せに!

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 パコ・プラサ
脚本 ルイソ・ベルデホ
パコ・プラサ
原案・原作
製作 フリオ・フェルナンデス
公開 2012年
製作国 スペイン
上映時間 80分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 興味ある (50%)
  • 是非見たい (50%)
  • もう見たよ  (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket