Pocket

巨大迷路に仕掛けられた罠から脱出できるか?

主人公は目が覚めると籠のような昇降機の中にいた。

閉じ込められたような感覚と、何も思い出せないという特殊な状況の中、迎えられたのは大勢の人々。

恐怖しかない中、逃げようとするがあたりは巨大な壁に囲まれており、そこで自給自足で生きる人々も自分と同じ状況だった事を知る。

壁の向こうが巨大な迷路であり、夜になると入り口は閉鎖されるうえ、中には人を襲う化け物がおり、一晩を越える事は不可能であると聞かされるものの、彼は希望を捨てなかった。また、同じく脱出の望みをかけて迷路を攻略しようとするランナーと呼ばれる少数グループの存在を知り、彼はここからの脱出を考えるようになっていく。

題名がランナーというだけあり、とにかく走る逃げるのオンパレードであり、見ているこっちまでなんだか疲れてしまう。

また、巨大生物との格闘や迷路に仕組まれた謎などSFスリラーとして、見所がたっぷりの映画だ。

主人公と協力して時に助け合う仲間たちも、それぞれ魅力的でありアルビ―やミンホの男っぷりには胸が熱くなる。

脱出への糸口を掴むごとに平和だったエリアが徐々にと危険に陥っていく様子にもどうなるのかといった緊張感があり、目の離せない作品である。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ウェス・ボール
脚本 T・S・ノーリン
グラント・ピアース・マイヤーズ
ノア・オッペンハイム
原案・原作 ジェームズ・ダシュナー
『メイズ・ランナー』(角川文庫刊)
製作 マーティ・ボーウェン
ウィク・ゴッドフリー
エレン・ゴールドスミス=ヴァイン
リー・ストールマン
リンジー・ウィリアムズ
公開 2014年
製作国 アメリカ
上映時間 113分

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • もう見たよ  (67%)
  • 是非見たい (33%)
  • 興味ある (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket