Pocket

つちのこモンスターから町を守り抜け!

ネバダ州の砂漠地帯にある小さな村が突如地中から現れたミミズのような謎の生き物の出現により、生活が脅かされる事に。

最初、つちのこかな?と日本人なら思ってしまう所であるが、物語が進むにつれこれがつちのこサイズではない事が発覚。

発見者により“グラボイズ”と名付けられたその生物は、家畜を大量虐殺するわ、人を見つけては襲い掛かるわで町は危機的状況に。良かった“グラボイズ”で。つちのこが人を襲う話は聞いた事がないですからね。

起こっている事はおぞましいのだが、馬にまたがり荒野を駆けるシーンや、トラックなど、いかにもアメリカンカントリーといった感じであり、背景も美しいので、思わずうっとりしてしまう。町の住人達の会話も普段から仲良さそうな雰囲気が伝わり、ほのぼのする場面も。

パニック物はCGがもはや欠かせない物となっているが、それ等は使用されておらずB級感が溢れており、実に味のある作品だ。

こんな遊びあったよね?

岩と岩を棒で高跳びしながら進むシーンを見て何か既視感があるなと思ったのですが、子供の頃にやった遊びでした。

「落ちたら蛇に食べられる。」とか言いながら細い路肩だったり、柵の上を歩くゲームやりませんでしたか?

もしかしてこれが発祥だったりするのだろうか。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ロン・アンダーウッド
脚本 S・S・ウィルソン
ブレント・マドック
原案・原作 S・S・ウィルソン
ブレント・マドック
ロン・アンダーウッド
製作 S・S・ウィルソン
ブレント・マドック
公開 1990年
製作国 アメリカ
上映時間 96分

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 是非見たい (100%)
  • もう見たよ  (0%)
  • 興味ある (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket