Pocket

SOSの相手は見知らぬ相手

平穏に暮らしていた教師のジェシカはある日、突然家へと乱入してきた男たちに拉致されて、監禁されてしまう。

彼女は助けを求めるために粉々になった電話を、持ち前の知識により組み立てる事に成功するが、電話の相手はいまいちうだつの上がらない男ライアンであった。

最初から最後までスピード感たっぷりのハラハラする展開はとても気持ちがいい。

95分と短い映画だというのに、インパクトのある作品だ。

何故、彼女は監禁されたのか、犯人は誰なのか、監禁場所は何処なのか。

家族が危機に晒されそうになり、ジェシカはライアンに息子を迎えに行くよう頼むが、目の前で攫われてしまい物語は更に加速していく。

緊張感たっぷりの展開とスリルのあるカーアクションは目が離せない!

ライアンは彼女のSOSは無事に聞き届ける事は出来るのであろうか?

電話というキーワード

リダイアルの出来ない壊れた電話と片や携帯電話である。電波が届かなくなりそうになったり、バッテリーがなくなりそうになったりと数々のピンチに二人は晒される。

緊迫した状況の中でおちゃらけた展開をはさんだりと、てんぽよく物語が進んでいくので退屈しない作品で、ラストの台詞にも思わず笑ってしまう。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 デイヴィッド・R・エリス
脚本 クリス・モーガン
原案・原作
製作 ディーン・デブリン
ローレン・ロイド
公開 2004年
製作国 アメリカ
上映時間 95分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 是非見たい (100%)
  • もう見たよ  (0%)
  • 興味ある (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket