Pocket

吸血鬼の知られざる世界とは?

現代に生きるヴァンパイアたちのあまり知られていない生活を描いたホラーコメディである。

序盤で流れるヴァンパイアたちの様々な絵画やイラストに彼等の歴史を感じる。

そして、ヴァンパイアも生まれた年代や性格により、様々である事がよく分かる作品である。更にそのお気楽ゆるゆるな生活がなんだか羨ましく思ってしまう。

ヴァンパイア以外にも、ゾンビや魔女にオオカミ男といった様々な異界の者達が登場する為、海外の妖怪事情に詳しくなれる事間違いなし。

いったい誰がインタビューをとっているのか、登場人物がいちいちカメラに向かって解説を入れてくれるので、彼等の世界観に入っていきやすい。

ニュージーランド映画は初めて見たのだが、シュールな笑いが多くおどろおどろしい場面もであってもくすっと笑ってしまうような作品である。

何かと制約の多いヴァンパイアであるが、人間であるスチューを巻き込んで、彼等のドタバタな日常が展開していく。果たして、彼等は人間と共存する事が出来るのだろうか?

耳に残るBGMの数々が心地よく、影の住人達の明るい物語はネタのオンパレードで、何度も見返したくなってしまう。オチもよく出来ているので、ラストのラストまで見て欲しい。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 タイカ・ワイティティ
ジェマイン・クレメント
脚本 タイカ・ワイティティ
チェルシー・ウィンスタンリー
エマニュエル・マイケル
製作
公開 2014年
製作国 ニュージーランド
上映時間 85分

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • もう見たよ  (50%)
  • 是非見たい (33%)
  • 興味ある (17%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket