Pocket

人間は真の平和を見つける事は出来るのか

タイタニックの監督ジェームズ・キャメロンが12年ぶりに手掛けた作品であり、最新の3D映像が話題となった。

主人公は下半身不随になり、車いす生活を送る元海兵隊員のジェイク。彼は兄の変わりに惑星パンドラの派遣員として送られるが、そこで待っていたのは優秀な兄を期待していた上司の失望の眼差しであった。

彼は人間とナヴィのDNAによってつくられた体を精神で操るというアバター計画に参加する事となるが、足の不自由だった彼がアバターを手に入れ走りまわるシーンは爽快である。

真の平和とは何なのか

アバターとなり、地球の為に資源を得る為にスパイとしてナヴィへと潜入した彼であったが、ネイティリという原住民のナヴィと出会う事で、徐々にパンドラの雄大な自然の中で彼等と心を通わせ、信頼関係を築いていく。

彼は軍人の端くれであったが、ネイティリに人間の幼さを突き付けられると、自分の任務に疑問を抱くようになっていった。

地球へと帰れば、報酬として新しい足が手に入る。けれでも、彼等の言う事が正しいと思えてならなかった彼のとった行動とは。

神秘的で素晴らしい映像だけではなく、資源を求め争う人間の姿に思う事は沢山あるはずである。真の平和とはなんであろうか?

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ジェームズ・キャメロン
脚本 ジェームズ・キャメロン
原案・原作
製作 ジェームズ・キャメロン
ジョン・ランドー
公開 2009年
製作国 アメリカ
イギリス
上映時間 178分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • もう見たよ  (50%)
  • 是非見たい (50%)
  • 興味ある (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket