Pocket

極秘任務の真相とは

物語は前作の直後から始まる。謎を多く残すラストだっただけに、気になって仕方がないという方も多かったのではないだろうか。

SWAT4人とオーウェン博士は閉鎖されたアパートへと潜入するが、さっそく隊員の一人が噛まれてしまい狂暴化してしまう。そして、オーウェン博士が教皇庁から極秘の任務を課せられている神父である事が判明する。

彼はこれが悪魔の仕業であり、詳細な事を聞かれても言えないの一点張りであり、隊員たちが引き返すと言っても任務が終わるまでは許可出来ないと言う。

メデイロスの血液を入手という目的が加わった事と、新たなカメラの投入により前作を越える恐怖が再び撮影されていく。

まさかの侵入者と前作のヒロインの登場

前作のラストでてっきり狂暴化してしまったと思っていたアンヘラであったが、彼女は混乱しつつも無事でした。

更にアパート内にカメラを持った子供たちが侵入している事が発覚し、複数の視点から撮影される事となる。

いくら悪魔に憑りつかれていると分かっていても、幼い子供が銃で撃たれるシーンは少々ショッキングであり、狂暴化した人々の動きもグレードアップしているせいか恐怖倍増だ。

彼等は無事に任務を遂行することが出来るのか、今回もカメラから目が離せない。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ジャウマ・バラゲロ
パコ・プラサ
脚本 ジャウマ・バラゲロ
マヌ・ディアス
パコ・プラサ
原案・原作
製作 フリオ・フェルナンデス
公開 2009年
製作国 スペイン
上映時間 85分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • もう見たよ  (0%)
  • 是非見たい (0%)
  • 興味ある (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket