Pocket

航空パニックホラー?サスペンス?

しょっぱなから、潔癖症なのか差別主義者なのか分からないがやたらと隣の席を気にする女性の登場で少々不愉快になるが、そんな彼女をも黙らせる出来事が起こる。

ハネムーンは東京でと思っていた夫婦であったが、乗りこんだ飛行機では心臓発作で死人は出るわ、乱気流へと飲み込まれてパニックになったりと先行きは不穏なものであった。

飛行機事故の怖い所は自分の命を他人に預けなければならず、一人では決して脱出できない所だろう。

そして、そんな状況下に置かれながら“死神”という新たな要素が加わってきたので、乗客たちは大混乱となる。

死神は日本の精霊?

死亡した男性のバッグの中から出てきた人形を手に取り、乗客の一人が「死神は死を呼ぶ日本の精霊だ。」と言っていたのでびっくり。死神は日本産だったのか。てっきり海外の物だとばかり…。そして死神は未練を持ちこの世にとどまっている魂を冥界へと連れて行くのが仕事だとか。

この辺りから大分本格的にホラーへと転換していき、ぞくっとするようなカメラワークで怖さを伝えてくれる。

更にはラストへと向かうにつれ、驚きの展開が待ち構えている。死神がもたらしたものは何だったのであろうか。乗客に救いはあるのか?

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 清水崇
脚本 クレイグ・ローゼンバーグ
原案・原作
製作 一瀬隆重
公開 2014年
製作国 アメリカ
上映時間 79分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 興味ある (67%)
  • 是非見たい (33%)
  • もう見たよ  (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket