Pocket

エイリアンVSアメリカ軍

第二次大戦中、日本軍によるアメリカ本土攻撃が行われたと誤認したアメリカ軍の迎撃戦「ロサンゼルスの戦い」を元にしたモキュメンタリ―フィクションである。

開始間もなくして早くも隕石が降り注ぎ、集中砲火と陸軍の射撃攻撃など最初から世紀末感が漂う作品であり、緊迫した雰囲気がたまらない。

何だか分からない物へと立ち向かわなければならない状況へ追い込まれた兵士たちに課せられた任務は、人間でないものは全て殺せという命令であった。

これは俳優じゃなくて本当の兵士なのではと思い込むくらいに、軍隊的でかっこいい映画。

やはり統率のとれたプロの台詞を聞いていると、此方まで身が引き締まる。

とにかくバンバンと銃撃戦のシーンが出てくるので、リアルなバトルムービーが好きという方におすすめ。最前線の凄まじさが伝わり、終始ハラハラとする本作は戦争映画とも言える。

エイリアンの目的とは?

突如飛来したエイリアンであったがその目的は不明であり、すぐさま戦闘状態へと突入したので彼等の目的ははっきりしない物であった。彼等の弱点を探し出し、地球人は防衛成功する事が出来るのであろうか?追い詰められる側の恐怖と絶望感もひしひしと伝わってくる。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ジョナサン・リーベスマン
脚本 クリストファー・バートリニー
原案・原作
製作 ジェフリー・チャーノフ
ニール・H・モリッツ
公開 2011年
製作国 アメリカ
上映時間 116分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • もう見たよ  (50%)
  • 是非見たい (50%)
  • 興味ある (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket