Pocket

二面性がとにかく怖い

スティーブン・キング原作のミステリー映画であり、ひと昔前の作品であるが名前だけは聞いた事があるという方もいるのではないだろうか。

人気小説「ミザリーシリーズ」の作者であるポールは、ある日雪山で事故を起こしてしまうが、元看護婦であるアニーに助けられ一命を取り留める。

最初はとても人のよさそうな愛らしい女性に見えていたアニーであるが、徐々にその狂気的な面が露わとなっていく。

彼女はミザリーシリーズのラストに納得いかず、あろうことか彼を監禁し続きを書けと迫ってくるのだ。

なんとか逃げようとするものの、電話線が繫がっておらず、おまけに彼女が過去に患者を殺していたのではないかと思わせるような記事を見つけてしまう。

「私は貴方の一番のファンなのよ。」と何度も言う彼女の言葉が徐々に恐ろしさを増していく。とにかくキレると何をするか分からない怖さがアニーにはあるのだ。

作品は完結するのか?

強すぎる作品への思いから、作者を愛してしまうアニーの狂気と異常性はとどまる事を知らない。

アニーは一見どこにでもいそうな平凡な女性である。そこが返ってトラウマになる要因なのではないだろうか、豹変した人間の怖さがひしひしつ伝わってくる。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ロブ・ライナー
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
原案・原作 スティーヴン・キング
製作 ロブ・ライナー
アンドリュー・シェインマン
公開 1990年
製作国 アメリカ
上映時間 108分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 是非見たい (67%)
  • 興味ある (33%)
  • もう見たよ  (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket