Pocket

給油のついでによった怪しい博物館は…?

若者4人は田舎町で給油するついでに立ち寄った博物館は、実際に存在した殺人鬼の人形が展示してあったりと怪しさ溢れるトリッキーな物であった。

下品な言葉が冒頭からこれでもかというくらいに溢れており、ピエロに扮した主人がどこかコミカルに強盗を撃退(射殺)。

このピエロはもしかしてジョン・ゲイシーを意識しているのだろうか。

「生も死も関係ない、ここからは痛みだけが神なのです。」

と言う彼の言葉と共に若者4人はマーダー・ライド・ショー(殺人鬼の世界)という奇妙なショーを体験する事となる。

そこで聞いたドクター・サタンの話に感化された一人の青年は、彼の特集記事を書こうとドクター・サタンの木と呼ばれる場所を目指して再び4人で車を走らせるが、雨の中ファイアフライと名乗る女性がヒッチハイクしており…?

さぁハロウィンパーティーだ!

ホラーでお馴染みの突如車がパンク!ここからがワクワク、怪しさしかないファイアフライ家と誘われた4人を待っていたのは殺人一家の〝おもてなし〟であった。

果たして彼等に救いは訪れるのか。オカルティックな演出の数々が癖になり、殺人鬼たちのトリッキーさは逆に気持ちがいい!

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ロブ・ゾンビ
脚本 ロブ・ゾンビ
原案・原作
製作 アンディ・グールド
公開 2003年
製作国 アメリカ
上映時間 89分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • もう見たよ  (0%)
  • 是非見たい (0%)
  • 興味ある (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket