Pocket

ゾンビ映画と思いきや?

致死率100%のウイルスが世界中に広まり、治療薬も開発されないままに人類は絶滅を待つばかりの状況へと陥っていた。

ブライアンとその弟であるダニーは対照的な性格であり、共に女性を連れていたがいちゃいちゃするブライアンとボニーとは打って変わり、ダニーとケイトはただの友人である為、会話も特に弾んでいなかった。

4人はブライアン兄弟の思い出の土地である海岸を目指して車を走らせるが、道中で感染した少女とその父親と出会う。彼等は治療薬があると噂の研究所を目指し、そこへ向かう事へとなるが…?

欝欝とした展開と救われない物語が好きな人にはお勧めの作品である。

ゾンビ映画のような予告ではあるが、そんな事は一切なく人類滅亡を前に打開策を見つけるでもなく、ただ絶滅を待つ人々の様子をロードムービーで描いている。

4人は感染したらそれまでであるとルールを決めるが?

こうやって死んでいくのね

死ぬしかないと分かった時の人々の狂気がひしひしと伝わってきて、綺麗な風景が広がる映像であるというのにどこか息苦しさを感じる作品だ。

殺し合う人、葬られた人、見捨てられる人。死ぬ時はたった一人というのがもの悲しさを漂わせている。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 アレックス・パストール
ダビ・パストール
脚本 アレックス・パストール
ダビ・パストール
原案・原作
製作 レイ・アンジェリク
アンソニー・ブレグマン
公開 2009年
製作国 アメリカ
上映時間 85分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 興味ある (50%)
  • もう見たよ  (25%)
  • 是非見たい (25%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket