Pocket

戦いはPCの中で!見えない敵との電脳バトル

ハッカー集団の一人であるCLAYのメンバー、ベンヤミンは元サイバー犯罪センターの捜査責任者であるハンネにのみ、事件の全てを語りたいと申し出た。

角砂糖を使い、自身がハッカーとなった出来事から犯罪へと至るまでの経緯を聞きながら、彼女はとある違和感を覚えていく。

彼が出頭した目的と、彼の生い立ちに隠された秘密とは?

大どんでん返しを狙った作品として「マインドファックスリラー」という新たなジャンルを謳っている作品であり、ハッカーという一般人にはいまいちどんな物か分からない存在を、象徴的に描く事によりハッカー同士のやりとりや争いに緊迫感を出している。

内気な少年に宿るヒーロー願望

大学生のベンヤミンは学校でも変人だと、からかいの対象となる内気な青年であった。

彼が子供の頃から憧れていたのはヒーロー。同級生であるマリーの力になろうと試験問題を盗み出そうとした彼であったが警備員に見つかってしまい、50日間の社会奉仕を命じられる。しかし、彼はマシン語が分かるという特殊な能力の持ち主であり、社会奉仕中に彼と出会ったマックスは彼をハッカーの道を指し示す。

彼は憧れていたヒーローになれるのか、それとも?

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 バラン・ボー・オダー
脚本 バラン・ボー・オダー
ヤンチェ・フリーセ
原案・原作
製作 クイリン・ベルク
マックス・ヴィーデマン
公開 2014年
製作国 ドイツ
上映時間 106分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 興味ある (50%)
  • 是非見たい (50%)
  • もう見たよ  (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket