Pocket

過去を変え何を手に入れるか

前作で地獄のタイムリープを体験する男を描いた作品の第二段であり、本作と前作の繫がりはない。

主人公のニックは恋人と友人でドライブを楽しんでいたが、急な仕事の呼び出しにより帰宅する事になるが、道中の事故によりニック以外の全員が死亡してしまう。

事故から1年悲しみにくれながら、思い出の写真を眺めていた彼はタイムリープして当時の状況へと戻ってしまう。

そこから、過去の出来事を変えようと再びバタフライ・エフェクトは始まるが、本作でも道のりは困難を極め、思いもよらないラストは円満解決なのかと想像を掻き立てられる終幕である。

一つの決断により様々な分岐が生まれていくが、彼の選ぶ未来とは?

前作で見られたような恐怖感は若干薄まっており、過激なシーンもそれほどない。

もう一つのバタフライ・エフェクトを描いたといった感じだ。

私利私欲の為に使うのか?

本作の見所として、主人公がタイムリープの力を私利私欲の為に使おうとするので、前作とはまた違ったテーマだというのが分かる。

最終的に何が彼を救う事になるのか、前作の主人公には同情的になれたのとは打って変わり、私利私欲にまみれた主人公の行く末が面白い。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ジョン・R・レオネッティ
脚本 マイケル・D・ウェイス
原案・原作
製作 クリス・ベンダー
A・J・ディックス
アンソニー・ルーレン
J・C・スピンク
公開 2006年
製作国 アメリカ
上映時間 92分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 是非見たい (67%)
  • 興味ある (33%)
  • もう見たよ  (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket