Pocket

悪魔召喚の書

歴史的な古書であり“悪魔が書いた”とも言われている本は三冊存在しており、どれが本物か調査を依頼されたルーカス・コルソ(ジョニーデップ)はヨーロッパへと向かう事となる。

金と女に汚い彼は本の価値は認める物の内容についてはまるで信じていない風であったが、調査を進めるうちにその本の知られざる謎を知る事となる。

彼に付きまとう謎の女

調査を開始してからというもの、部屋を荒らされたり付きまとわれたりと、コルソの身に不気味な影が忍び寄る。

彼は危険を感じ本を知人へと託すが、その友人は本の挿絵と同じ姿で遺体となっており…?

サスペンスのような進行が面白く、ちらほらと見え隠れする悪魔の存在にぞくっとする。

オカルトといったら、やはり悪魔、儀式、呪文といったものは王道であり、主人公を通して隠された知識を探索できるのはとても面白い。

本の持ち主が次々と殺されていく中、主人公も危機へと晒されていく。そして、彼の行く先々に現れる緑の目をした女の正体とは?

「戦場のピアニスト」の監督としても有名なロマン・ポランスキーが描くサスペンススリラー作品。

ヨーロッパの美しい街並みが不気味さを増長させ、まるでゲームのように物語は進んで行く。本に隠された本当の秘密とは?

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
エンリケ・ウルビス
ジョン・ブラウンジョン
原案・原作
製作 ロマン・ポランスキー
公開 2000年
製作国 フランス
スペイン
アメリカ
上映時間 133分

DVD・ブルーレイ

予告編

なし

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • もう見たよ  (33%)
  • 是非見たい (33%)
  • 興味ある (33%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket