Pocket

ナチですら一歩も入れた事が無かったのに!!

ニコール・キッドマン演じる母ちゃんが強く美しくかっこいい!

そして娘のクールで現実的な台詞も、この家族はただものじゃないという雰囲気を醸し出している。

舞台は第二次世界大戦末期のイギリス。

夫は戦地へ赴いたまま今だ帰らず古い洋館で、グレースは娘のアンと息子ニコラスの3人で暮らしていた。

二人の子供たちは光アレルギーであり、昼間でもカーテンを閉め切った生活をしており、使用人たちはある日突然消えてしまう。

そんな中、3人の使用人が屋敷を訪れ困っていたグレースは彼等を雇う事となる。だが、彼等が来てからというもの、怪奇現象が起き始めると同時に子供たちは〝ビクター〟という幽霊がいると言い始め?

家庭を守る母親の凛々しい姿が印象的なゴシックホラー。

沢山の伏線の中から貴方は館の真実を見つける事が出来るであろうか?

キャラクターが個性的

使用人である3人の老人たちも個性的だ。

怪しさ満載であるのに、余裕のある振る舞いは益々不気味であり、主人であるグレースは怪奇現象の謎を彼等が何か知っているのではないかと問い詰めようとするが…?

様々な謎が解けた時、家族は幽霊の存在を信じざるを得なくなる。

(ライター 伊藤 史帆)

映画情報

監督 アレハンドロ・アメナーバル
脚本 アレハンドロ・アメナーバル
原案・原作
製作 フェルナンド・ボバイラ
ホセ・ルイス・クエルダ
パーク・サンミン
公開 2001年
製作国 スペイン
フランス
アメリカ
上映時間 104分

DVD・ブルーレイ

予告編

オススメしてます

レビューを元にこのB級映画に興味持てましたか?

  • 興味ある (67%)
  • 是非見たい (33%)
  • もう見たよ  (0%)

スポンサードリンク

SmileItems-インド産お香とパワーストーンのお店

Topics

 ・
 ・

応援宜しくお願いします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Pocket